三不粘(サンプチャン) 








   本場中国でもなかなかお目にかかれないデザートです。

   この1品を求めてご来店になるお客様が多いです。

   時間がたつとすぐに風味が変わってしまうため、お持ち帰りもできません。
 

   子羊のしゃぶしゃぶ同様、北京料理ですが、本場でも作れる料理人は少ないとか。

   初めて召し上がる方が多いので、名前の意味や材料などの説明をさせていただきます。
    (説明の録音・料理以外の撮影は固くお断りいたします)
 

以下は 龍水楼サンプチャン の紹介記事の引用です。

            すっかり満足したところへ三不粘という珍しい甘味料理が現れる。
        箱守氏苦心の作で、その意味は歯につかない、箸につかない、
        皿につかない。
        北京の「同和居」という店にある料理だが、「龍水楼」では、それが
        日本でも知られる遥か前から、メニューに加えていた。
        卵、砂糖、ラード、でんぷんを材料とする一見単純な料理だが、
        練りかげんがとても難しい。中国の料理人でも失敗を恐れて
        作らないとか。
        艶やかな光沢、鮮やかな黄色、口に入れると何とも形容し難い、
        まろやかな柔らかさと甘さだ。
        それでいて粘り付かずさらりとして、卵臭さもない。
   

    ご注意 
         1. 三不粘は要予約です。ご来店後のご注文はできません。
           遅くとも当日午前中までにご予約ください。

         2. 三不粘は単品でのご注文はできません。
           コース料理のデザートとしてお出しいたしますので、ご宴会のご予約をお願いいたします。

           三不粘は子羊のしゃぶしゃぶ全コースに含まれます。
           ご宴会ご予約についての詳細はこちらへ
 
 

            TOPへ